インプラント手術法

骨誘導再生法

骨誘導再生法=ガイデット・ボーン・リジェネレーション(GBR)

インプラント治療と従来の治療法

まず、インプラントを植立します。この場合、顎の骨が薄いので、インプラントの一部が骨の外に露出してしまいます。その露出したインプラントの周囲の骨表面を、ごく小さなかんなのような器具でかきとります。こうすることで、少量の骨が顎の表面から採取できます。この後、自分の骨とカルシウムの結晶を露出したインプラントの表面におきます。この際、露出面が大きいときには、その上から特殊な膜(ゴアテックス・チタンコラーゲン)で覆います。その後、約6ヶ月経過すると、そこに自身の骨の組織が誘導されることでインプラントはしっかりと固定されることになります。歯が抜けた穴に、その日のうちにインプラントを植立する際には、この方法は適しています。抜歯した穴とインプラントの形状は適合しないので、間隙に骨を誘導することが必要になるからです。

歯槽堤拡大手術=サイトダイレーティング

歯槽堤拡大手術=サイトダイレーティング

顎の骨の中でも歯を支えている部分を歯槽骨といいます。ただ、既に申し上げたように、歯は抜けると歯槽骨が萎縮して薄くなってしまう場合があります。中には骨の幅が4mmくらいまで薄くなってしまうこともあります。そもそもインプラントの直径が4mm前後ですので、これではインプラントは顎の骨に収まりきれません。そんな時、行う特殊治療が歯槽堤拡大術です。これは文字通り、薄くなってきた歯槽骨を拡大するというものです。まず、直径2mmから2,5mm程度の細いドリルで穴を掘ります。穴を開けたら、そこにダイレーターと呼ばれる、先端が丸い円柱形の棒を押し込んでいきます。最初は直径が細いものから、順に太い棒へとだんだんと押し込んでいくことで、顎の歯槽骨はゆっくり拡大していきます。棒の代わりに、ネジ状の器具を使用することがありますが、これもやはり細いものからはじめていき、順に太いものへと変えることで、歯槽骨を拡大していきます。最終的に穴がインプラントを植立するのに十分な直径になった時点で、インプラント植立します。顎の骨が薄い人に対する対処法としては、初歩的なものと言っていいでしょう。

歯槽堤分割術=スプリットクレスト

歯槽堤分割術=スプリットクレスト

顎の骨がさらに薄く、3mm程度にまでなると、歯槽骨堤拡大術では対応できません。このようなケースでは、歯槽堤分割術を用います。この手術は上顎の前歯の部分に用いられるケースが多くあります。上顎の前歯は、顎の骨の真ん中に立っているわけではありません。実際は極端に前方についています。上顎の前歯が抜かれてしまうと、その唇側にある骨は紙のように薄いのですぐ溶けてしまいます。本来あった歯の内側を支えていた骨だけ残ることになりますが、この残った骨も非常に薄く、剣の刃のようにとがっています。一般歯科では、インプラントを固定できないということで、手術を中止せざるをえませんが、三鷹インプラントセンターでは、この歯槽堤分割術という手術で対処することが可能です。これは、残った薄い骨を2枚に分割して、その2枚の骨の間に挟みこむようにしてインプラントを植立する手法です。これは、極めて高度かつ精密な技術が要求される特殊治療です。そして、ごく薄いノミから厚いノミまで5~6種類のノミを使い分けながら、骨折させないように最新の注意を払って、骨を2枚に分割します。分割してインプラント植立したら、その周囲や2枚の骨の間に、ご自分の骨やカルシウムの結晶を詰め込みます。6ヶ月程度で隙間は骨に代わり、インプラントもしっかり結合します。これで咬み合わせの圧力に耐えたれるようになり、次にインプラント上部構造の作製、固定に入ります。

上顎洞底挙上術=サイナンス・オーギュメンテーション

上顎は、鼻の左右に空洞があります。その空洞の内側は粘膜で覆われ、鼻空と繋がっています。これを上顎洞(サイナンス)といいます。歯周病の進行、長期にわたる入れ歯の使用などにより、歯槽骨が著しく吸収し、歯槽骨から上顎洞までの距離が短くなるケースがあります。これではインプラントを植立するのに十分な長さがとれません。このような時に適用される手術が分かれています。

オステオトームテクニック

オステオトームテクニック

上顎洞底から歯槽骨の先まで少なくとも5mm以上ある場合は、オステオトームテクニックという手法を用います。この手術では、まず上顎洞の寸前まで慎重にドリルホールの底に上顎洞底の骨が薄くついているという状態にします。そこからご自分の骨やカルシウムの結晶を、ゆっくり圧力を加えながら押し込んでいきます。そうすると、上顎洞底の骨は粘膜と一体になりながら、上に持ち上がっていきます。そうして、そこに開いたホールにインプラントを植立します。約6ヶ月後には骨が再生し、人工歯(インプラント上部構造)を固定できるようになります。

サイナンスインパクション

日本ではメデントグループの歯科医師にしかできない手術です。上顎洞底に微細振動を与えて、薄い上顎洞底の骨を骨折させて上に持ち上げる特殊な手法です。オステオトームテクニックの変法で、高度な器具操作が要求されます。

ウインドウテクニック

ウインドウテクニック

歯槽骨の尖端から上顎洞底までの距離が5mm以下で、極端に短い場合に用いられる手術です。まず、上顎洞の外側の骨を、楕円形にくり抜きます。そして上顎洞底の粘膜を慎重にはがしながらゆっくりと上方に持ち上げていきます。持ち上げられた粘膜と上顎洞底の骨の間には空隙ができるので、そこに御自分の骨やカルシウムの結晶を詰めます。その後6ヶ月ほど経過すると骨化していきます。手術と同時にインプラント植立することも可能ですし、骨化するのを待って6ヵ月後にインプラントを植立することもできます。いずれにしても、この部分がきれいに骨化することで、咬み合わせの圧力のも十分耐えることができるようになります。その後、人工歯(インプラント上部構造)を固定します。

下歯槽管側方移動術

下歯槽管側方移動術

下歯槽管側方移動術

下顎に骨吸収が生じている場合も、そのままではインプラント植立することはできません。下顎も上顎と同様に歯を失って長時間放置したままでいたり、歯周病などで骨吸収が生じると、インプラントを立てるべき歯槽骨を失ってしまいます。また、下顎には下歯槽管という管が通っていて、その中には太い血管や神経が入っており、インプラント植立時にこれを傷つけてしまうと出血や知覚麻痺などの合併症の原因となります。この場合に行うのが下歯槽管側方移動術です。まず、下歯槽管にそって外側にある骨を取り除きます。そして中の血管と神経を露出させます。それらを管から慎重に剥離して取り出して、いったん横に避けておきます。下歯槽管さえよけておけば、インプラント植立を妨げるものはなくなります。後は普通にインプラントの植立を行えばいいわけです。そしてまた血管と神経をもとに戻します。熟練したテクニックが必要ですので、一般歯科医院ではまず対応できない技法です。

仮骨延長術=ディストラクション=オッセオジェネミス

仮骨延長術=ディストラクション=オッセオジェネミス

歯槽骨の吸収が垂直方向に起こっている場合に用いる手法で、上顎でも下顎でも適応されます。垂直方向における歯槽骨の長さが足りない場合、あるいは歯肉がへこんでしまっているケースに行います。この手術はわかりやすく言うと、歯槽骨をストレッチして、歯槽骨と歯肉を伸ばす方法です。まず伸ばしたい部分の歯槽骨をブロックに分割します。そして基底部の骨とブロックの骨の両方に純チタン製の骨延長器を取り付けます。1日1mmくらいのスピードで伸ばしていき、最終的には全体で10mm以上延長することができます。延長後は3ヶ月ほど固定し、骨の成熟化を待って、インプラントを植立し、骨延長期は取り外します。

仮骨延長術=ディストラクション=オッセオジェネミス

遊離自家骨移植術=ブロック・ボーン・グラフト

これは、骨再生のための最終手段ともいわれる技法で、顎の骨が大きく溶けてしまい、薄くて近い貧弱な歯槽骨しかない人に用いられる手法です。おとがいや、下顎の後ろの方から移植する骨を採取します。頻度は少ないですが、まれに腰骨からとることもあります。移植した骨を丸く形成して、骨の量が足りないところに移植し、細いチタン製のネジで固定し、4ヵ月後にネジを取ってインプラント植立します。

ページTOPへ