インプラント症例

岡歯科医院のインプラント症例

2008年12月06日:上の歯が全部無い場合!!

武蔵野市在住のKさん(40歳)がメンテナンスとダツリで来院されました。
上顎8本と科学両側4本の計12本のインプラントを入れた方です。
特に上顎は両側サイナスリフト(上顎洞底挙上術)、前歯部は鼻腔底挙上術をされた患者さんです。
 

上顎はブリッジタイプ(固定式)を望まれたのですが(年齢が若いため)顎提の高さがないのと、反対咬合を正常に戻したので、少し長い歯になってしまっています。

↓   ↓   ↓   ↓   ↓

上の歯が全部無い場合!!

上の歯が全部無い場合!!

最初は発音、食事をするときなど違和感があったそうですが、今ではかなり慣れてきて何でも食べられるようです。

このように骨幅、骨量がなくても、技術があればほとんどの症例でインプラント治療は可能なのです。
よく「上顎は骨がないからインプラントは無理なので入れ歯にしましょう」と言われたんですけど、、、という話を聞きますが、それはその先生が上顎洞底挙上術などができないからそう言っているだけなのです。

  • 前へ
  • 次へ
  • 一覧へ

ページTOPへ