インプラント症例

岡歯科医院のインプラント症例

2010年12月11日:上顎:1本も歯がない場合

三鷹市在住のIさん(46歳女性)が12月の初めに来院されました。

アバットメントが入り、仮歯が入りました。

前歯のアバットメント(土台)には審美性を考慮して、ジルコニアを使用しています。

この様に、1本も歯が残っていない場合では、上顎なら7〜10本、下顎なら6〜9本のインプラントが必要になってきます。

二次オペ後
(9本埋入したのが分かります)

上顎:1本も歯がない場合

ジルコニアアバットとアバット
(この状態が土台まで入れたところです)

上顎:1本も歯がない場合

(なかなかいい感じです。出来上がりが期待できます!)

上顎:1本も歯がない場合

before

上顎:1本も歯がない場合

after

Iさんの場合は9本埋入してあります。

患者さんが怖がりの方のため、ここまでに1年かかっていますが、骨量がある方でなので、通常は6〜8ヶ月くらいでこのあたりまで治療が進んでくると思われます。

治療は最高の材質を使用していますので、上顎で250万円くらいになっています。

しかし、従来より3割ぐらいインプラントの費用は安くなっています。

この様に、我が三鷹インプラントセンターでは、歯が1本もない症例も年に20症例ほど行っています。

この方の様に三鷹市や武蔵野市はもちろん、杉並区、小金井市など、また最近では世田谷区、新宿区、豊島区などからもたくさん来院されています。

今一番遠い方は兵庫県神戸市の方が治療されています。

上顎:1本も歯がない場合

  • 前へ
  • 次へ
  • 一覧へ

ページTOPへ