インプラント症例

岡歯科医院のインプラント症例

2008年12月27日:犬歯のインプラント治療

12月26日(金)
今日、一年前に右上の犬歯をインプラント治療したO君が
ダツリで来院されました。就職前にインプラント治療をして、
今は一流IT関係の会社で働いています。

ちょうど、1年が過ぎ、仮付けだったインプラントの被せものが
とれたので、メンテナンスと一緒に来院されました。

一年たってまったい異常がないので本付けさせてもらいました。
写真を見てもらえばわかるように非常に綺麗に仕上がっています。

よく数ヶ月から1年くらいでインプラントが取れてしまったとか、ひどい場合だと
1〜2ヶ月で抜けてしまったなんて話をよく聞きますが、わが三鷹インプラントセンター
では、ありえない事です!

何百本に一本くらいゆるんでくる場合がありますが、ちゃんと埋入しなおしたり
すれば、なんの問題もなくインプラントは定着するのです。
ひどい場合は「痛いのに無理やり上部構造をセットされて、すぐに駄目になってしまった。」
なんて事が起きないよう、数ヶ月は仮付けなどをして、かみ合わせやそのほかの状態を
みてから本付けしていくなど考えて治療して欲しいものです。

最後にインプラントはどう?とO君に聞いてみたところ、「とても快適です!
本当にやってよかったと思いますよ。何とか就職にも間に合ったし。来年
クリーニングに来ます。」といって帰られました。

BEFORE

犬歯のインプラント治療

犬歯のインプラント治療

AFTER

犬歯のインプラント治療

犬歯のインプラント治療

  • 前へ
  • 次へ
  • 一覧へ

ページTOPへ