審美歯科Q&A

審美歯科Q&A

Q1、保険の治療と審美歯科はどう違うの?

保険治療は、身体が痛む等治療が必要なものしか認められておりません。 逆に言うと、見た目に関する治療は保険が適用されません。 審美治療における保険適用の治療との一番の違いは素材にあります。 保険適用の詰め物や被せ物はプラスチック素材のレジンというものだけとなります。 レジンは経年劣化が早く、飲食物の影響などで変色してしまいます。 また、強度も弱く変形してしまったり、破損してしまう場合がございます。 保険適用外の審美歯科では、セラミック素材の詰め物・被せ物を使用します。 セラミックは光を通し、天然の歯と比べても遜色ない美しさがあります。 また、強度も強く耐久性にも優れております。 金属アレルギーを起こす心配もございませんが、保険は適用されないので、 費用は高くなります。

Q2、セラミックインレーとハイブリッドセラミックインレーの違いを教えて下さい。

ハイブリッドセラミックインレーとは、レジンとセラミックを合わせた素材となります。 オールセラミックよりも審美性は若干劣りますが、強度はより天然の歯に近い硬さとなります。 また、オールセラミック素材よりも、費用を抑える事ができます。

Q3、奥歯に保険内で白い歯を入れる事はできますか?

奥歯に白い歯を入れる事は保険適用外となります。 レジン素材では、噛む力が強くなる奥歯では破損するリスクが高まるためです。 そのため、奥歯に白い歯を入れたい場合は保険適用外の十分な強度を持った 素材を使用する必要がございます。 使用される審美物は、セラミック・ジルコニアクラウン・メタルボンド等があり、患者様のご予算やご希望に沿って幅広くご用意いたしております。

Q4、セラミック素材の良い所を教えて下さい。

セラミック素材は強度があり、耐久性に優れている特徴がございます。 また、変色もし辛いです。 生体との親和性も高く、金属アレルギーを起こす心配もございません。

Q5、ジルコニアとは何ですか?

セラミック素材は強度があり、耐久性に優れている特徴がございます。 また、変色もし辛いです。 生体との親和性も高く、金属アレルギーを起こす心配もございません。

ページTOPへ