セレック

セレック

セレック

現在は、耐久性や審美性、安全性に優れたさまざまな材料がありますが、当院では『補綴物の材料』でご紹介した『セラミック』を使用しています。しかも、技工所ではなく院内で補綴物を作製できる『セレックシステム』を導入しているため、患者様にとってさまざまなメリットがあります。

セレックシステムとは

セレック(※1)システムはドイツで開発され、コンピューター制御によって補綴物を設計・作製するCAD/CAM(※2)システムです。コンピューターが補綴物を作製するので、基本的に型はとりません。
設計・作製の過程ですが、最初に最先端の3D光学カメラで患部を撮影し、その歯列をモニター上で再現します。次にコンピューターの3D画面上で補綴物を設計し、ミリングマシンで補綴物を作製します。
従来のように技工所に依頼せず院内で作製できるので、一般的な補綴物よりも経済的に提供することができます。使用する材料は高品質なセラミックブロックなので、耐久性にも優れています。また、治療も約1時間で終了するため、時間が節約できることもメリットとなっています。
※1 セレック(CEREC):Ceramic Reconstruction(セラミック修復)
※2 CAD:Computer Aided Design(コンピューター支援設計)、CAM:Computer Aided Manufacturing(コンピューター支援製造)

セレック治療の特徴

経済的に作製できる

技工所を介さず直接院内で作製できるので、人件費の削減ができ、比較的お手頃な価格でご提供できます。

耐久性に優れている

規格生産されたセラミックブロックを使用するので耐久性に優れており、15年後の残存率は一般的な治療では約68%、セレック治療では約93%という調査結果が出ています。

審美性に優れている

規格生産されたセラミックブロックを使用するので耐久性に優れており、15年後の残存率は一般的な治療では約68%、セレック治療では約93%という調査結果が出ています。

治療時間が短い

ほとんどの治療が約1時間で終了します。1回の来院で補綴物を入れることができるため、通院が長引くことはありません。

セレック治療はこのような方におすすめです

  • 治療費用を抑えて高精度な審美歯科治療を受けたい方
  • 銀歯を自然な白さの美しい歯に変えたい方
  • 金属アレルギーをお持ちの方
  • 治療に時間をかけたくない方

セレック治療の流れ

スキャン

患部を削って3D光学カメラで撮影すると、患部の歯列がモニター上に再現されます(症例によっては型を取ることがあります)。

設計

モニター上で噛み合わせの調整などを行い、補綴物が患部にきちんと合うよう3D画面上で設計します。このとき、さまざまな色のセラミックブロックから最適なものを選定します。

作製

ミリングマシンという機械が、設計されたデータに基づいてセラミックブロックを削り出し、精巧な補綴物へと仕上げます。

セット

特殊な接着技術で、削り出された補綴物を口の中にセットします。
これで治療完了となります。

むし歯治療後の修復処置

むし歯治療で患部を削った場合、その部分を金属、レジン(プラスチック)、セラミック(陶器)などの補綴物で埋めて補い、修復する必要があります。
修復にはいくつかの種類があり、それは患部を削る量によって異なります。

詰め物

インレー

  • むし歯が小さく削る量が少なかった場合、その部分にだけ補綴物を詰める方法。

アンレー

  • むし歯が小さくても咬頭(歯の山の部分)まで削った場合、そこも覆うように補綴物を詰める方法。

被せ物

クラウン

  • むし歯が大きく削る量が多かった場合、歯全体を覆うように補綴物を被せる方法。

補綴物の材料

補綴物の材料には金属、レジン(プラスチック)、セラミック(陶器)などがありますが、その中でもさまざまな種類があります。

アマルガム

水銀を50%含んだ金属です。安定した合金といわれ、1980年代までは日本でも一般的に使用されていました。アメリカでは100年以上も使用されてきました。しかし、水銀が蒸発して分解され、口の中から全身へと流出し、さまざまな病気を引き起こす原因になることがわかっており、現在日本でアマルガムを使用する歯科医院はほとんどありません。

金銀パラジウム合金

一般的に『銀歯』といえばこの金銀パラジウム合金を指します。ドイツやスウェーデンでは、安全性に疑問がもたれています。

金銀パラジウム合金

軟らかくて使いやすい素材ですが、錆びやすく、溶け出して歯ぐきを黒く変色させたり、金属アレルギーなどを引き起こしたりする可能性があります。

レジン(プラスチック)

コンポジットレジン

歯科治療で頻繁に使用されている材料で、レジン(プラスチック)とフィラー(ジルコニアやガラス粉など)で構成されている複合材料を指します。
虫歯治療だけではなく、欠けた歯やすきっ歯の修復や、金属からレジンに置き換えて金属アレルギーの予防や審美的改善をするなど、さまざまな用途で使用されています。

セラミック(陶器)

ハイブリッドセラミックス

レジン(プラスチック)にセラミックの粉末を混ぜた素材です。
レジンの「変色・破損しやすい」という短所とセラミックの「硬すぎる」という短所をカバーし、それぞれの長所を生かした素材です。

セラミック(陶器)

『人工ダイヤモンド』とも呼ばれ、セラミックのなかで一番優れた審美性・耐久性があります。体に優しい素材で構成されているので、金属のように金属が体内に流出する危険性がありません。従来のセラミックの短所を克服した素材です。

オールセラミック

名前のとおり、すべてセラミックで構成されています。
天然歯のような色調を再現できるので、前歯や小臼歯によく用いられます。

アマルガムの危険性

『補填物の材料』で『アマルガム』について触れましたが、アマルガムは歯科材料として世界中で最も多く使用されています。銅、錫、亜鉛の粉と水銀アマルガムという合金で構成されており、水銀の含有量は50%にものぼります。 その使用については世界中の歯科関係者が賛否両論繰り広げ、『アマルガム論争』として取り上げられています。否定派は、周知の事実である有毒物質を口の中で使用するという危険性を問題視していますが、肯定派は歯科材料としての利便性を訴えているため、議論は収束しないまま続いています。

アマルガムが歯科材料に使用されていた理由

有害物質ということで日本ではほとんど使用されなくなったアマルガムですが、1980年代までは一般的に使用されていました。それには以下のような理由があります。
アマルガムはギリシャ語で「柔らかい塊」を意味しており、はじめは軟らかく、時間の経過とともに硬くなっていきます。その性質があることによって治療の手間がかからず、簡単に済ませることができます。また水銀には痛みを抑える作用があり、二次カリエス(以前治療した部位がむし歯になること)になってしまった場合でも痛みが出にくいというメリットがあります。しかも材料代も低価格なので、総合的に見ると利便性のある材料といえるのです。
これは、使用肯定派が訴えていることでもあります。

アマルガムから検出される水銀蒸気

使用否定派のアメリカの口腔外科学博士、ハル・ハギンズ氏が行なった実験では、アマルガムを詰めている人に口を開けてもらい詰め物に水銀検出器を近づけたところ、その針が90マイクログラムを指し、多量の水銀蒸気が出ていることがわかりました。 アメリカの労働安全衛生庁は、職場の水銀の最大安全濃度を50マイクログラムとしており、51マイクログラム以上ある職場には1万ドルの罰金を課し、事業所の閉鎖を義務付けています。このことから、口の中から検出された90マイクログラムという数値がどれほど危険かおわかりいただけるでしょう。 アマルガムを詰めている人は、息を吐く度に有毒な水銀蒸気で自分の体を汚染していることになるのです。

毒性の強いメチス水銀へ

水銀が歯の詰め物から流出すると、何が起こるのでしょうか。
水銀は生体組織と結合しやすいので、メチル基という炭素と水素の化合物と結合してメチル水銀となります。メチル水銀には純粋な水銀の100倍以上の毒性があり、とくに脳や神経組織にとっては毒性が強いとされています。
スウェーデンのM・ハインツェ博士は、口の中に水銀をメチル化する細菌が存在することを示し、この細菌はすべての人の口の中に存在すると言っています。つまり、口の中にアマルガムがあると、水銀よりもさらに有毒なメチル水銀を生成してしまうことになります。
メチル水銀は脳や神経組織を破壊するだけではありません。女性が妊娠している場合、詰め物から流出した水銀は胎盤関門(母子双方の物質移行を仲介する器官)を通過し、ほんの数秒で胎児の染色体を損傷してしまいます。そのため、障がいをもって生まれてくる確率が高くなります。

水銀が引き起こす症状

先ほどから述べているように、水銀の有毒性は人体に影響を及ぼし、さまざまな疾患を引き起こす原因となります。
その症状は主に5つに分類されます。

神経疾患

運動:震え、発作、多発性硬化症(脳や脊髄などの中枢神経で神経細胞の情報伝達機能が損なわれ、麻痺やしびれが起こる疾患)、筋萎縮性側索硬化症(筋肉の機能障害や衰えが起こる疾患)
感覚:アルツハイマー病、情緒障がい、不安、原因不明のうつ・自殺願望

免疫疾患

関節リウマチ、全身性エリテマトーデス(全身の臓器に炎症が起こる疾患)、強皮症(全身の皮膚が硬くなる疾患)

心血管系疾患

原因不明の心臓の痛み、高血圧、低血圧、頻脈、不整脈

コラーゲン系疾患

変形性関節症、膠原病由来の疾患

コラーゲン系疾患

慢性疲労、原因不明の脳・消化器系疾患、クローン病(消化管に炎症を起こし、潰瘍を生じる疾患)

なお、ハル・ハギンズ氏によると、これらの症状は口の中のアマルガムを除去することで改善が見られるとされています。

ページTOPへ